ハート動物クリニックで働く方々の集合写真
採用情報RECRUIT

インタビュー ハート動物クリニックで働く先輩たちの想いをインタビュー形式でご紹介します。
動物医療の現場で働くということ、やりがいなど率直に語ってもらいました。

顔写真

犬猫医療センター院長

原田 高志TAKASHI HARADA

獣医になったきっかけは、もともと生き物が好きだったんです。小さい頃から生き物に囲まれていました。
高校の時は「馬」が好きで馬に関わる仕事も考えたのですが、ジョッキーや調教師という狭い世界しかなかったんですね、でも獣医師という立場なら、馬の世界に入ることができる。
それもあって獣医を目指そうと思いました。

楽しかったこと、印象に残っていることはありますか?

小さい頃から生き物に囲まれた生活をし、生き物が好きだというところから始まり、高校生の頃からは馬関係の仕事がしたいと思いはじめ、一時は馬の世界に行き仕事をさせていただいていました。
馬の世界で様々な葛藤を味わい、最終的に動物病院で獣医として働いている今があります。
そういう意味では小さい頃からの「生き物が好き」という思いがずっと続いている。本当に大変な仕事ではありますがこれからも動物のため、地域のためにチーム医療でがんばっていきたいと思っています。

ハート動物クリニックの持ち味は?

周りに大きな病院がないので、ハート動物病院で担っている診療範囲は多いのは確かです。
ですから、自分自身のキャパオーバーのところも技術を身につけてチャレンジしていかなくてはいけない環境ではあります。
それが、良い意味でも悪い意味でもストレスではあるのですが、地域の中でやっていないような骨折の手術・椎間板ヘルニア・神経外科・心臓・循環器など、その診療を必要としているたくさんの動物たちの為に日々仲間たちと切磋琢磨しているところが当病院の特徴だと思います。

メッセージ

近くの病院で診療することができない子達も来院される環境です。
ですから、自分で積極的にやっていくんだという向上心がある方が来てくれると嬉しいです。
獣医師に関しても「こういった診療をしたい」「こういった病気を調べてみたい」という希望があれば私たちはは費用の制限をあまり儲けることなく後押ししていく風土がありますし、フォローやアドバイスも他の獣医同士でしていくという体制は整えています。
ここには幅広い知識や技能、経験などを備えた人が集まっています。