ハート動物クリニックで働く方々の集合写真
採用情報RECRUIT

インタビュー ハート動物クリニックで働く先輩たちの想いをインタビュー形式でご紹介します。
動物医療の現場で働くということ、やりがいなど率直に語ってもらいました。

顔写真

動物看護課長(看護師長)

濵田 亜都紗AZUSA HAMADA

動物看護師は診察の診療補助や動物看護がメイン業務になります。
動物系の専門学校へ通っていたという事が入社のきっかけです。
ですが、専攻はドッグトレーニングでしたので動物看護は専門ではなかったので、基礎知識ゼロの状態で(動物の行動学ばかりやっていた)イチから自分で勉強し、分からないことは先生に聞いて、やりながら学ぶ形で知識をつけていきました。

楽しかったこと、印象に残っていることはありますか?

自分も成長できる環境にあることです。
入りたての頃は教えてもらうばっかりでしたが、自分から興味あることから学び、学び方もやっていくうちに効率よくできるようになったと思います。
経験を重ねてからは後輩指導をする立場になり、教育面での学びも自分の変化につながることでした。
医療現場ということもあり、厳しく指導することもありますが、それ以外の時は冗談まじりに話したり、ピリピリしすぎないように気をつけています。
そのようにコミュニケーションをとることで後輩たちも聞きたいことが聞きやすい環境を作れるようにしていくことが私の役割だとも思っています。

ハート動物クリニックの持ち味は?

働く人がいいですね。
獣医の方たぎも気さくに話せる先生ばかりだし、部署が違ってもとてもいい雰囲気で仕事ができます。
病院全体があたたかい雰囲気です。
院長もとても話しやすいんです。
院長がそういう雰囲気でいてくれて、冗談の言い合える場所を提供してくれているので、スタッフ全員がよい環境で働くことができています。

メッセージ

実習生というと「知識が必要」だということで、いろいろ勉強して来てくれるのですが、学校で学ぶよりも実践で学ぶことの方が多いです。
ですからあまり身構えず、基本的には動物が病気になった時自分がどう携わって、どうしたら良くなるようにできるのかという気持ちが大切だと思います。
技術も大事ですが、やっぱり思いやりが大切な仕事だと現場で痛感しています。
病気になってしまった子はもちろん、飼い主さんに対してどう接するか、そういうところが現場では必要とされます。
来ていただいたら「知識」の部分はしっかり教えますので、安心してご応募ください。